無限的沼

様々な沼に足を取られながら生きています

悲しみの乗り越え方

 

 

こんばんは、おはようございます、こんにちは

アニョハセヨ!

9月に入り東京は涼しいです。お布団かぶって寝ることができて幸せです♡布団ラブ♡

 

さて。タイトルからお気づきの方もいるかもしれませんが、今日は正直暗い話ですしめちゃ個人的な話なのでアンタのことなんてどうでもいいわ〜い!って方にはオススメしません。あと超長文です。

言いましたからね!私言いましたから!先に!

 

とにかくアイドル関連で書きたいことたくさんあるんですけど、なかなかアップするに至らなくて。わなわんのデビュー活動終了おつかれ!とかびくとんカムバしたよ〜!とかぐくちゃんハピバ!とかツイッターでは騒いでいるんですが。あとぴに。。私の青春。。これもまた暗いですけど、これとは別でほ〜んと個人的なことです。

で、アップするに至らなかったのは、ブログってツイッターとかとは違って一つの枠にほぼ際限なく自分の思いとか考えとか書ける場所じゃないですか。そして今までの記事もそういうふうに書いてきたわけですが、一つまだちゃんと自分の思い全てを書き出せていない出来事がありまして。まあ個人の自由ですから、ここに書き残して自分で少しでもスッキリといいますか、気持ちの整理ができればなと思って書きます。

 

 

 

 

 

 

 

実は、8月14日に大事な家族をなくしました。

人ではないんですけど。12年半、一緒に暮らしてきたわんちゃんです。女の子の。

もうここまで書いただけで泣いてるんですけど(笑)、ほんとに未だに泣けます。

元々4年ほど前からリンパ腫でした。

ある時いつも通りかわいいね〜かわいいね〜とか言いながらじゃれてたら、あれ?って気づいたんですよね。首のところ、何か出来てない?って。極小たんこぶみたいなのが、それこそ人間の首のリンパマッサージとかでマッサージする辺りに出来てたんです。今でも覚えてる、本当に突然出来てたんです、毎日見てるはずなのにその日の夜に見つけた、私が。

で、母が病院に連れて行ってみたらリンパ腫だったと。

診断された直後ではなく後々聞いた話だったんですが、余命みたいなのも宣告されたみたいで当時は1年と言われたらしいです。それを考えると本当に本当によく頑張ってくれたなあと思います。そして、母もそれを一人で聞いた時はどんな気持ちだっただろう、辛かったろうなと。

 

あ〜〜ここまで書いて何から書けばいいか分からなくなってきたぞ〜〜

 

もう涙ダバダバなのでそのまま14日のことを書いちゃおう。

しっかりくっきりとまでは言いません。今思えばあっという間のことだったので全部を覚えていません。それがまた悲しいんですけど。

その日は甲子園を見てました。東海大菅生高岡商業の甲子園第二試合。私、住んでるのが西東京なので、そして菅生にお邪魔したこともあり感情移入してました。今回初のベスト4まで行って惜しかったですけど、本当に選手の皆さん凄かったです。

第二試合で終わりの方に菅生の子の自打球があって。それがまあある意味ヒット!だったので、申し訳ないけど家族で爆笑してました。その時もちろん、リビングに置いてあるベットの中にうちのわんこはいました。私たちのバカ笑い中々の音量だったので聞こえてたと思います。

 

それが終わって、母は買い物、妹は予備校へ行く準備をしてました。私は次の試合もそのまま見ようとごろごろしてたんですけど、いつも通り気分というか、リビングに他に誰もいなくなったのでわんこに構いに行きました。エアコン寒くない〜?とか今日も眠いな〜とか言いながら結局テレビつけっぱのまま耳だけで1時半開始の試合の説明聞きながしながら犬に夢中になってました、犬バカは。

 

でも、犬バカでよかった。

1時25分を過ぎた頃だったと思います。27分とかかな。なんかいつもと違う呼吸しだしたんですよ。リンパ腫から肺も悪くしてて、ここ1年くらいは特に呼吸苦しそうな時もあって、薬とか調整しながらやってました。

いつもと違う、っていうのは覚えてるんですけど、どんな音、どんな表情だったかちゃんと思い出せない、悔しい。最初で最後でした。初めて見て、聞いたし、それが最後でした。様子が今までとは違ったんです。

ちょっとびっくりしてでも何にも出来ないんで苦しいね、大丈夫?苦しいな…って言いながら名前を呼びながら頭を優しく撫でることしか出来ませんでした。

 

ここから本当になんて言えばいいんだろう、不思議体験じゃないんですけど今思えば、みたいなのとその時の感情とごちゃまぜになって文章にすると意味不明になっちゃうんだよな……多分。

 

頭を撫でながら途中で思ったんですけど、ママって言ってる?って思ったんです。これ、母本人に言ったら泣くなぁと思ってまだ言えてないです。なんか途中から突然、呼吸というより甘えるときとかに出すきゅーんっていう声をどうにか出したい、なのに苦しくて上手く出せないっていう音に聞こえてきたんです。ママ〜ママ〜みたいな。結構長いこと続きました。

 

こういうふうには言いたくないんですけど、ハッキリ言っていつ息を引き取ってもおかしくなかったんです。ひと月程でどんどん痩せていって、ここ最近…っていうと言葉が違うな、あの時はほぼ寝たきり。トイレを手伝ってました。脚を支えてあげたり。4kgあった子が2.6kgくらいまで痩せてました。歩くのも一苦労で。跳びまくって跳びまくってムキムキになってた脚の筋肉ももうほぼなくなってました。お散歩ももちろん行けなかった。

あの日の前日くらいからは立ち上がることも出来なくなってお尻のあたりにトイレシーツを敷いてました。本人も嫌だっただろうけど、諦めてその場でトイレしてました。

でも、寝たきりのわんちゃんなんて、世の中いっぱいいるじゃないですか。なんて、って言ったら失礼なのかな。そういうつもりではなく。寝たきりでもいいから、全然いいから、まだいてくれて良かったのに。そう思うんです。

 

少し戻りますが…。いつ息を引き取ってもおかしくなかったけど、誰だって今この時と確信するのって難しいし信じたくないじゃないですか。私、その時40%くらいは、いやもしかしたらもっと、90%くらいほぼ確信してたかもしれない。でも、残りのまだ頑張ってくれるって思う10%の方が気持ちが強かったんですよ。

だから違う、ってその残り10%が判断したんですよね。母を今呼ばなくてもいいって。

そしたら少し落ち着いてきて、あ、よかった。呼吸楽そうになってきた。って思ったんです。

穏やかになって、それから止まりました。

安心したんです。よかった、違った、やっぱり勘違いだったってほっとしたんです。辛そうだな、何もできないって思って見ながら流してた涙も止まりました。でも勘違いじゃなかった。

よく見たら浮き出た肋骨が上下してなくて、思わずわんこの名前を呼びました。信じられなかった。

まだ洗面所にいた母を急いで呼びました。

急いだと言っても信じられなくて、すぐに動けませんでした。一瞬、一人で呆然とした。動いてない。え?嘘、今。今?

じゃあさっきの音は本当にママって呼んでたんじゃ。

そうすぐに思いあたって立ち上がったら足に力が上手く入りませんでした。

母がすぐに来て、他の部屋にいた父も私の声を聞いてすぐに出てきて全員で名前を呼びました。名前と、頑張ってを繰り返した。その間ずっとさっき止まったはずの涙がぶわってだーって流れました。

母が心臓マッサージの仕方!調べて!って叫んで私はまた立ち上がれなくて父が動いたと思ったらなんかモタモタしてて。

これはだめだ、と思ってもう転けそうになりながら自分の部屋まで走ってケータイ取りに行って検索しました。この時一瞬だけ冷静だった。でも指の震えが凄かった。

それで心臓マッサージ何回か繰り返しました。上手くできてる、って確認もしながら。でも、母が途中で分かったんですかね、なんとなく私も同時くらいで分かりました。ああもう辛い思いさせちゃいけないなって。

母が一番最初に抱っこしました。順番に抱っこして。私は名前と、かわいいねと、偉いね、頑張ったねをひたすら言っていたと思います。大好きだよもあの時言えたっけな。

 

妹は予備校にすでに行ってしまっていて。勉強の邪魔にならないか、どうしよう、と母が悩んでいたのですが、今この状況でそんなの妹にとって絶対どうでもいい、そんなことより出来るだけ早く戻ってきたいと思う、今じゃなくてもしもっと後で伝えたら早く帰ってこれなかったこと、その時ちょうど家を出てしまって見送れなかったこともっともっと後悔すると伝えました。

外でそれを知って半泣きで帰ってきた妹を見てもっと泣きました。その様子を重ねてしまったんですよ。あの時絶対ママって呼んでたのになんですぐ呼んであげなかったんだろうって。頑張って声を上げていた時、ずっと私と目を合わせていたんです。すごく近くにいたとはいえ、白内障もかなり進んで目もあまり良くなかったのに、しっかり目が合っていました。一番近くにいた私にしか、母を呼べなかったのに。

私が今死んじゃいやだ、とどこかで思っていたことがブレーキになってすぐに母を連れてきてあげられなかった。すごく申し訳なかった。今もずっとそれが引っかかっているしこれはきっと一生引きずっちゃうんだろうなと思っている。

 

 

よく、聴覚が最後に残るって話聞きませんか?

だからごめんって言っちゃだめだと思って。良い言葉だけ伝えたい、優先したいって我慢しました。この時は本当はごめんの気持ちがすごく大きかった。

母と妹が最後まで見てくれてた人がいてよかった、お姉ちゃんありがとうって言ってくれたんですけど。それでもやっぱりわんこにはごめんねって思っちゃいます。大好きなママをすぐに連れてこれなくてごめんね。自分がもう息を引き取ることを悟って私にだけせっかく教えてくれたのに。ごめんね。 

 

これずーーーーっと言えなかったんです!こう思ってることは本当に誰にも言えてないし、2週間と少し経ってようやくです。ここに書いて全部パーになるわけでも完全にすっきりするわけでも無いと思うんですけど、やっと自分の中以外のところに出せました。

ここまで書く間にまたドバーっと泣いて今だんだん涙引いてきたところです。書き出すことっていいのかもしれない。

 

母とホットヨガ一緒に行っていた(母は8月で退会)んですが、数日経ってからヨガに行ってきた母が、瞑想の時にわんこを思い出して泣いちゃったと言ってて。

私は昼はだんだんいつも通り過ごせるようになって、だけどずっと夜中に一人でふと泣けてきてしまって不眠に拍車がかかり6時頃まで起きていて、昼起床して目がパンパン。というのを続けていたので、誰かがいるところで泣けちゃうのか〜…とか思ってたんですね。

でも私もヨガ行ったら泣きました(笑)

瞑想中って何か思い浮かんでもそこから連想するのはやめて、思い浮かんだら一つずつ捨てていきましょうって言われるんです。

で、それを実践すると途中から本当に小さく流れてる音楽と汗が流れていくのしか気にならなくなるんですよ!すごい!

まあ瞑想すごいとかなんかヤバそうに聞こえる発言は置いといてですね。

その後は仰向けになって完全に力抜いて目閉じるんです。寝る人もいるんですけど、それくらい気が抜けた状況だと想像してください。

瞑想から戻ってきてふと気が抜けたら、一番にわんこのこと思い浮かんじゃったんですよね。そしたら閉じてる目からダラダラ涙出てきました。(笑)うわぁお母さんの言ってたことほんとじゃ〜ん(笑)(泣)鼻水も出る〜(泣)

 

ここまで長文書いて勝手にすっきり?しといて自分勝手な記事を書いてきましたけれども。

ヨガの話からの切り替えも唐突ですけれども。

 

タイトルに戻るとですね。もしここまで読んてくださってる方がいたらですけども。

みなさんどうやって悲しみを乗り越えてますか?

また少しダラダラ書きますと、わんこ繋がりで知り合った他のわんちゃん達もやはり同年代わんちゃんが多くて、うちのわんこより先に天国に行ってしまったわんちゃんもいます。

そして、そのわんちゃんの飼い主さんからもお花を頂いたり母とうちのわんこにメッセージを頂いたりしました。

それを見て、どうやって乗り越えたんだろうなって時々思っていたんです。

私これ、全然乗り越えられないわ〜って思いつつ。今も乗り越えられてはいないと思ってます。

 

そして、この記事を2時間弱くらい書いててだんだん思ってきました。きっとハッキリ乗り越えた人はいないだろうなって思ってきました。

それも踏まえた上でなんですが。

乗り越えるじゃなくていいから、家族以外の誰かに話す、自分の気持ちやその時の状況心情を書き出すことがすごく大事だなと思います。一人で抱え込むのは良くないですし、身内以外の誰かにも少し悲しみを一緒に共有してもらうの大事です。

あと声を大にして言いたいのが、

泣きたきゃ泣け!泣きたい時に泣け!

です。いつまでメソメソしてんだろなって夜中に自分でも思ったりするんですけどこれ絶対大事なことだと思います。

多分、夜中泣いてるから昼間笑って元気にしていられるし、少なくとも私にとっては必要なことだと思っています。泣くことを受け入れよう。

こうやって書くことでメソメソしてる自分を肯定してあげてるってのもありますけどね!(爆)

 

ここまで読んでくださった方いたらありがとうございます!嬉しいです!暗い話しちゃってすみませんでした!

でもお陰様でこれからまた、ここでバカみたいにオタクしてる記事を書けると思います、本気で!

 

悲しいことがあったら泣いちゃいましょう。

ね。